千葉市生涯学習センター [千葉市の生涯学習・社会教育の情報、ボランティア情報や生涯学習センターの施設案内を掲載しています]

生涯学習のマスコット マナビィ

生涯学習のマスコット マナビィ

マナビィ
「仮面ライダー」などの作者である漫画家の石ノ森章太郎先生のデザインで、平成元年に千葉市の幕張メッセなどで開かれた第1回全国生涯学習フェスティバル(まなびピア)でデビューしました。
以来、生涯学習のマスコットとして、生涯学習の新しい風にのって、全国各地を飛びまわって、大活躍しています。

 

どうして「マナビィ」と名づけられたの?

生涯学習の「学び」とミツバチの「bee」とを合わせて「マナビィ」と名づけられました。

マナビィの触覚はなぜ3本あるの?

「学」という漢字に角が3本あるように、学ぶことが好きなマナビィには触角が3本あります。

マナビィが持っている壺の中身はなに?

マナビィが持っている壺に入っているものは、聖書に出てくる「マナ」という食べ物です。コエンドロ(コリアンダー)の実で、その味は蜜を入れたお菓子のようであったとあります。むかし、イスラエルの民がエジプトを脱出して、荒野を旅していたときに、天からさずかり、それから40年もの間、この「マナ」だけを食べて生きのびたといわれています。
石ノ森先生は、「学び」は人々が生きていくうえで欠かせないものであるというメッセージを、マナビィに託したのかもしれません。
※参考文献 「月刊マナビィ」2002年11月号

Calendar Loading
交通アクセス

大きな地図で見る
〒260-0045
千葉市中央区弁天3丁目7番7号
TEL.043(207)5811(代)
FAX.043(207)5812
開館時間/9:00~21:00