講座・イベント

条件で検索する
カテゴリーから選ぶ
キーワードで検索する

講座・イベントの詳細

ちばカレッジ「食で行くちば」受付終了

受付終了

実施報告

<実施の様子>

第2回(6月26日) 実技研修「だしの取り方とおむすびづくり」

「よっちゃんおむすび」の村上良江さんを講師に迎え、美味しいだしの取り方とおむすびづくりを学びました。普段は料理をしないという受講生も多い中、一番だし・二番だしそれぞれの味や香りの特徴・使い方を知り、おむすびを美味しくむすぶコツも丁寧に教えていただきました。最後は自分たちで取っただしを使ったお味噌汁と、千葉市産のお米を使ったむすびたてのおむすびを実食し、充実した時間となりました。

実施の様子
実施の様子2

講座概要

ちばの食の魅力を探ります。都市農業地帯でもあるちばの食をテーマとして、食材等の生産・加工・流通・消費の特徴を学びながらちばの食について考える機会にします。特に、千葉市の”つくる人”と”たべる人”をつなぐ「つくたべプロジェクト」について、現地調査を通して理解を深めたいと思います。

開催日
6/12~12/18
対象・定員
【対象】市民
【定員】30人
会場
3F大研修室 他
料金
6,000円
※貸切バス利用時を除く現地研修の際の交通費及び昼食代は自己負担。
申込期間
4/1 (月) 〜 5/14 (火)
申込方法
メール・郵送(往復はがき)のいずれか(詳細は下記)
※メールでお申し込みの方には、お申し込み受理のご連絡をメールでお送り致します。お申し込み日から4日過ぎても連絡がない場合は、必ずお問い合わせください。
携帯・スマートフォンからのお申し込みの場合、お申し込みの受理通知や応募結果をご覧いただけない方が多いため、「kouza@chiba-gakushu.jp」からのメールを受け取れるように設定してください。
受講者決定方法
抽選

学習プログラム

日時 内容・講師等(予定)
16/12(水)
10:00~12:00
【開講式/ちばの食の流通について】
千葉県の食の流通の視点から、ちばの食の生産・加工・流通・消費それぞれの段階の特徴を学びます。
〔千葉大学大学院園芸学研究科 教授 櫻井 清一〕
26/26(水)
10:00~15:30
【実技研修】
【だしの取り方とおむすびづくり】
おいしいだしの取り方と、千葉県産のお米のおむすびづくりを通して、ちばの食材について学びます。
※午前と午後に分かれて実施します。
〔おむすび研究家・調理師 食育インストラクター 村上 良江〕
37/10(水)
10:00~12:00
【千葉市の「つくたべプロジェクト」について】
千葉市の地産地消について、特に“つくる人”と“たべる人”をつなぐ「つくたべプロジェクト」について学びます。
〔千葉市農政課 地産地消推進班 職員〕
49/11(水)
10:00~12:00
【現地調査計画づくり(班活動)】
「つくたべプロジェクト」登録店の訪問等、班ごとに興味関心に基づき現地調査の計画を立てます。
59/25(水)
10:00~16:00
【現地研修】
【ちばの食の現地調査(1)(班活動)】
各班の計画に基づき現地調査を実施し、ちばの食の魅力や特徴を探ります。
610/8(火)
10:00~12:00
【現地研修】
【食の流通を見学する(1)】
船橋市地方卸売市場を訪問し、市場の役割や食材の流通について学びます。市場での買い物や食事もお楽しみください。
〔船橋市地方卸売市場 施設管理係 職員〕
710/23(水)
10:00~16:00
【現地研修】
【ちばの食の現地調査(2)(班活動)】
各班の計画に基づき現地調査を実施し、ちばの食の魅力や特徴を探ります。
811/12(火)
8:00~17:00
【現地研修・貸切バス】
【食の流通を見学する(2)】
東京都の豊洲市場と築地場外市場を訪問し、日本を代表する市場の食材等の流通を見学します。築地場外市場では買い物や食事もお楽しみください。
911/27(水)
10:00~12:00
【学習の成果をまとめる(班活動)】
ちばの食についての学習の成果をまとめ、発表会の資料を作ります。
1012/18(水)
10:00~12:00
【閉講式(修了式)/発表会(レポート発表)】
ちばカレッジの2つの講座の合同修了式を実施。学習の成果として、班ごとにまとめたレポートの発表を行います。

応募方法

受付終了

このイベントは受付終了または終了いたしました。

〒260-0045 千葉市中央区弁天3丁目7番7号
TEL.043(207)5811(代) FAX.043(207)5812

copyright 千葉市生涯学習センター指定管理者 公益財団法人千葉市教育振興財団